相続相談は税理士にしよう

税理士に対して相続相談をする際のポイントについてまとめました
未分類

相続相談の事例

By on 2018年3月6日

相続税の申告書実際に税理士に相続相談をする際には、どのような内容を相談できるのでしょうか。たとえば相続税について相談できます。相続をする際には税金が発生するのです。相続税の申告書を作成できるのは税理士です。そのため、税理士に相談をすれば、相続税の計算をしてくれるだけではなくて、実際の手続きもサポートしてもらえるでしょう。節税のポイントまで教わることができます。相談をするだけならば無料ですが、実際に手続きを依頼するならば報酬を支払うことになります。

できるだけ相続税を支払いたくないという方は多いでしょう。税金を支払うことになれば、相続する財産が目減りしてしまうからです。それを避けるためのさまざまなテクニックを税理士は熟知しています。そのため、自分で申告をするのではなくて、まずは税理士に相談をしてアドバイスをもらうべきでしょう

相続税に詳しい税理士であれば、それぞれの状況において何をすれば良いのかをよく理解しています。これまでの経験豊富な税理士に依頼すると良いでしょう。また、遺産分割協議書の作成を税理士に依頼できる場合があります。行政書士の資格も持っている税理士は多いからです。このように税理士の中には相続の問題について幅広く対応してくれる人がいます。

≪関連サイト≫相続相談

未分類

相続問題をまとめる

By on 2018年3月5日

これから実際に税理士に対して相続に関する相談をする際には、準備しておくべきことがあります。まず、財産の一覧を用意しておきましょう。個人の財産がどのくらい残っているのか、それを詳しくリストアップしておきましょう。正確でなくても構いません。だいたいの数字さえ分かれば税理士が対応してくれます。

財産としては現金や土地、建物、株式といったものがあります。他にも生命保険や退職手当、骨董品、借入金といったものもあります。場合によってはもっとたくさんの財産があるケースも多いです。その場合は税理士の方でどんどん質問してくれるでしょう。自分でできる限りの情報を集めておくべきです。

家族構成相続の問題については家族構成も大事です。どのような家族がいるのか詳しく一覧にまとめておきましょう。配偶者や子供だけではなくて、兄弟や親戚なども含めて詳しく書いておきましょう。

これらの情報を用意しておくと、たとえばどのくらいの相続税が発生するのかを計算してもらうことができます。どのようにして相続をするべきなのかについても相談できるでしょう。相続のことならば、どのような些細なことでも税理士は対応してくれるのです。プロとしてとても頼りになる存在です。

未分類

相続相談実績を調べる

By on 2018年3月3日

相続のことについて相談をしたいならば、税理士を頼ると良いでしょう。しかし、税理士といってもたくさん存在しています。その中からどの税理士を選ぶべきなのかよく考えておきましょう。

ホームページをチェック税理士のすべてが増速問題について詳しいわけではないのです。一般的に税理士は会社関係の仕事をしていることが多いです。株式会社であれば毎年法人税を申告しなければいけません。税理士がそれをサポートしているのです。そのため、きちんと相続問題についての実績のある税理士を探しましょう。そのような税理士であれば、プロとしてきちんとした対応をしてくれるでしょう。

それではどのようにして相続に強いかどうか判断できるのでしょうか。そのためには税理士事務所のホームページをチェックするのが分かりやすいでしょう。そこで実績や事例を確認できるのです。たとえば、これまでに相続税の申告件数がどのくらいなのか表示されていることがあります。それをチェックすれば、これまでに相続の問題についてしっかりとした実績を残していると判断できるのです。

相談の件数が表示されていることがあるのですが、これはあまり関係ありません。それよりも実際に相続税の申告をしたという件数が重要となります。

未分類

相続相談を活用

By on 2018年3月1日

現在、日本は少子高齢化となっています。これからは多くの高齢者が亡くなってしまう時代となります。その場合に問題となるのが相続です。その人が亡くなったときには、所有していた財産については遺族に相続されることになります。その際にさまざまな問題が発生することが多いのです。

税理士たとえば相続の手続きをするためには相続人について把握している必要があります。しかし、すべての相続人がすぐに分かるとは限りません。自分以外の相続人についてよく分からないということも少なくないでしょう。また、相続人の存在が分かっていたとしても、その人がどこにいるのか音信不通で不明になっていることもあります。このようなケースでは専門家に相談をして解決してもらうことになるでしょう。

また、亡くなった方がどれくらいの財産を持っていたのか分からないということもあります。資産だけではなくて負債を抱えていた可能性もあるのです。実際に相続することができる財産がどれくらいかはっきりしないと困ってしまうでしょう。それを調べるための方法が分からないという方もいるでしょう。

このようなことは専門家に相談をするべきです。その際には税理士に相談をすると良いでしょう。税理士はこうした問題の専門家だからです。こちらでは実際に税理士に対して相続相談をする際のポイントについてまとめています。相続の問題について気になる方は参考にしてください。どのようにして相談をすれば良いのか教えます。