相続相談は税理士にしよう

税理士に対して相続相談をする際のポイントについてまとめました
未分類

相続問題をまとめる

2018年3月5日

これから実際に税理士に対して相続に関する相談をする際には、準備しておくべきことがあります。まず、財産の一覧を用意しておきましょう。個人の財産がどのくらい残っているのか、それを詳しくリストアップしておきましょう。正確でなくても構いません。だいたいの数字さえ分かれば税理士が対応してくれます。

財産としては現金や土地、建物、株式といったものがあります。他にも生命保険や退職手当、骨董品、借入金といったものもあります。場合によってはもっとたくさんの財産があるケースも多いです。その場合は税理士の方でどんどん質問してくれるでしょう。自分でできる限りの情報を集めておくべきです。

家族構成相続の問題については家族構成も大事です。どのような家族がいるのか詳しく一覧にまとめておきましょう。配偶者や子供だけではなくて、兄弟や親戚なども含めて詳しく書いておきましょう。

これらの情報を用意しておくと、たとえばどのくらいの相続税が発生するのかを計算してもらうことができます。どのようにして相続をするべきなのかについても相談できるでしょう。相続のことならば、どのような些細なことでも税理士は対応してくれるのです。プロとしてとても頼りになる存在です。